2006年10月21日

1流と2流の差について

世の中にはお仕事をしている方の中で1流と

呼ばれている素晴らしい人たちがいます。

素晴らしい物を作り出す職人であったり、

素晴らしい発想を持って世の中に情報を発する人であったり・・・

凡人とは一線を越えた人を1流と呼ぶものと考えております。

接客というお仕事においても1流の接客というものがあると

考えています。

話し方、態度、リアクション等色々ですが、決定的なものは

ズバリ!

さわやかな笑顔

これが自然と、いかなる場合においても即座に出せる否か。

ここに尽きるのではないかと思います。

出来る人にはなんの造作もないことですが、出来ない人間には

非常に難解な問題であります。

ここにセンスやもって生まれた才能も関係してくるのでないでしょうか。

接客にもセンスがあると思います。

僕にはセンスがあるかないかと聞かれればもちろん後者であり、

まだまだ2流の接客しかできておりません。

未だに修行中です。

おわり。

posted by 店チョたち at 21:16| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。